診療内容

小児歯科、小児矯正の診療内容をご紹介いたします。

小児矯正

こどもの頃から歯を大切にする習慣をつけることは、一生涯健康な歯で生活を送るためにとても重要です。むし歯の治療やシーラントを行う際にはラバーダム防湿を取り入れるなど、治療のクオリティーの向上に努め、治療に対する不安や恐怖心を与えないように工夫しています。

小児歯科

小さくやわらかい乳歯は、永久歯に比べてむし歯になりやすく、進行も早く進みます。乳歯のむし歯が、いずれ生え替わる永久歯に悪影響を与える事をご存知ですか?永久歯の質や形、歯並びを悪くするだけでなく発音の障害、あごの発育にも悪影響を招くことがあります。初期のむし歯ほど治療は簡単にすみます。

乳歯のむし歯の特徴って?

私たち大人の歯は、小さな黒いむし歯の始まりがあるとすると、それが進んで痛み出すまでには何年もかかります。
しかし乳歯の場合は、数ヶ月で神経まで進むことがあります。

むし歯が深くなると飲料水や食べ物が歯にしみるようになります。
しかし、乳幼児のお子様はそれを訴えることがとても少ないのです。
「歯医者がいやだからうそをついている」のではありません。右の歯がしみたら左の歯で噛んでいれば痛くないから気にしないのです。次第にむし歯はどんどん進行していずれ神経が死んでしまいます。
神経が死ぬときは大変痛みを伴いますから、さすがにお子様は「ズキンズキンする~!痛い!」と訴えます。大人の場合はこの痛みが何日も続きますが、乳歯は一晩ぐらいで神経が死んでしまいます。神経が死んでしまえばもう痛みを感じませんから次の朝、お子様は「もう治った」と親に報告します。それを信じていると大変です。
死んだ神経の中で、ばい菌が繁殖して膿をためます。大切な永久歯が育っているアゴの骨に膿が溜まってしまうのです。そして神経の死んだ歯は脆くなります。 ただでさえ柔らかく薄い乳歯はちょっと硬いものをかむだけでぼろぼろと欠けてゆき、仕上げ磨きなどで、ふとお子様の口の中を覗いてみると、既に歯の頭がすっかり無くなっていたりすることもあるのです。
ご家族の方が、お子様の口の中をしっかり見て歯磨きをすることは、むし歯を早く発見するためにも、とても大事なのです。

ラバーダム防湿ってなに?

薄い布状のゴムシートで大きさは手のひらを広げた程度のものです。このゴムシートにあけた小さな穴から治療する歯を出し、ゴムシート上で治療する方法です。集中した治療ができ、安全性にも優れた方法です。むし歯の治療やシーラント治療を行う際に用います。また、ゴムシートは治療の都度、新しいものに交換しますから衛生的です。

  • 無菌的処置が可能です。
  • 歯をバクテリアの感染から守ります。
  • 切削片の嚥下を防止します。
  • 歯の唾液による汚染を防止します。
  • 器械、器具の嚥下を防止します。
  • 口唇や舌、頬粘膜の器械的、薬物的損傷を防止します。
  • 手術野を明るく拡大し、操作を容易にします。
  • 水やバキュームの刺激によるセム、嘔吐を防ぎます。
  • 慣れるのに少々時間を要する事がある。
  • 見た目がよくない。

*ラバーダム防湿法は、日本の歯科医療においてあまり使用されるごとは少ないですが、欧米ではごく当たり前の処置です。

予防について
定期検診

治療がおわったら、歯の健康状態を3~4ヶ月毎に診せていただきます。
予約日が近くなったら電話やおハガキでお知らせします。
来院時には保険証、受給者証、母子健康手帳などをお忘れなくお持ちください。

チェック項目
  • むし歯の有無や進行の具合は?
  • 詰め物の脇から新たなむし歯はできていないか?
  • 歯肉の腫れや出血がないか?
  • 食事や間食の取り方に問題はないか?
  • 顎の発育や歯並びに問題はないか?
  • 口腔の機能(口呼吸、噛まない、噛めない)等に問題はないか?

シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)の溝に行うむし歯の予防法です。 あらかじめ、むし歯になりやすい乳歯や永久歯の奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。また、このプラスチックにはフッ素が適度に含まれているため、歯にフッ素が取り込まれ歯の質を強化し、物理的・化学的な面からむし歯を予防します。

ブラッシング指導

当クリニックでは、お子様に「適切なブラッシング」を覚えていただくために、染め出し液を使い、磨き残しがある場所を確認しながら、お子様の年齢に応じて効果的なブラッシング指導を行っています。

デンタルフロス

歯と歯の間のプラーク(歯垢)は、歯ブラシでは完全に取り除くことは出来ません。むし歯や歯周病が起こりやすい歯と歯の間は、歯ブラシと併せてデンタルフロスを使うことで、効果的にプラークを取り除くことができます。
特に、見た目では判断しづらい奥歯の歯の間にプラーク(歯垢)がつきやすく、むし歯ができやすいため、保護者の方の歯ブラシによる「仕上げ磨き」+「デンタルフロス磨き」を推奨します。

フッ素応用法

フッ素ってなに?

むし歯予防に強力なツールがフッ素です。
フッ素は、むし歯から歯を守るために多くの作用を有しています。お子様の年齢に応じて、様々な角度からフッ素を歯に作用させることにより、歯を酸に溶けにくい状態にすることが可能です。

フッ素の代表的な作用は?

歯質の強化
脱灰の抑制
再石灰化の促進
細菌の抑制
プロフェッショナルケア
フルオールゼリー(高濃度フッ素)

フッ素塗布は、年3~4回の実施を推奨しています。実地頻度が多いほど高いむし歯予防効果が得られます。

ポリッシング(低濃度フッ素配合)

専用のブラシを使って、歯に付着した茶しぶなどの汚れや色素を取り除きます。
その際に用いる研磨ペーストにはフッ素が配合されています。歯がピカピカに白くなるとともにフッ素の作用も期待できます。

シーラント(低濃度フッ素配合)

むし歯になりやすい奥歯の溝をシーラントで封鎖し、シーラントに含まれているフッ素が歯に作用することで歯の質を強化し、物理的・化学的にむし歯予防効果が得られます。

セルフケア
バナナ

フッ素配合ジェル(バナナ味)は、特に「クチュクチュうがい」や「吐き出し」ができない3歳未満の乳幼児のお子様に推奨しています。

イチゴ、アップル、マイルドフルーツ

お子様のデリケートな歯に適した低刺激・低研磨性を有する子供用歯みがき剤です。
3歳頃から使用できます。

毎日、就寝前に洗口液を少量口に含ませ30秒程度ブクブクうがいをします。
継続的に行うことでむし歯予防に効果を発揮します。
4歳頃からの実施を推奨します。

当クリニックでの定期的なフッ素塗布やシーラント、ご家庭でのフッ素配合歯磨き剤やフッ素洗口を併用することで、さらに高いむし歯予防効果が得られます。
小児歯科専門医、小児歯科認定医

小児歯科専門医の資格を取得し、大学病院で小児歯科を専門に診てきました。むし歯の治療だけでなく、お子様の健やかな成長をサポートしていきます。

こどものためのクリニックづくり
定期検診むし歯予防
小児矯正でお口の健康をサポート
充実の設備がいっぱい

小児歯科・矯正歯科

診療時間

土曜日は17:30まで

休診日/木曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問い合わせ0562-48-1817
リソラ大府クリニックモール

ひいらぎやまキッズデンタルクリニック

〒474-0053 愛知県大府市柊山町1-175-1 リソラ大府クリニックモール2F
TEL/FAX:0562-48-1817

ページトップ