診療内容

小児歯科、小児矯正の診療内容をご紹介いたします。

小児歯科小児矯正

歯並びが良くなることで自信を持て、お子様の表情に笑顔が増えます。
見た目だけでなく、むし歯や歯周病の予防など健康に様々な影響があります。

小児矯正

矯正治療は、アゴの骨の大きさやバランスを整える1期治療(乳歯を含む歯並びの治療)と全ての永久歯の位置を整える2期治療(永久歯に交換した後の治療)からなる2段階治療です。1期治療は、アゴの骨がまだ柔らかく、これから成長していくからこそできる治療です。1期治療でアゴの骨の大きさやバランスを整えることにより、大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療そのものが必要ではなくなる場合もあります。

一般的には小学校の低学年のころに相談するのが良いといわれています。
この時期は幼児期から脱していく時期でもあり、精神的にも肉体的にもたくましく成長し、矯正治療についても自分なりに理解できるようになる頃です。歯形やレントゲン写真もとることが可能で、様々な矯正装置に対応できるケースが多いです。お子様の年齢が小さいうちは歯が動きやすい、あごを広げやすい、骨格的な改善をしやすいなどの利点があります。
学校歯科検診やかかりつけの歯科医、お友達などに指摘され、ご両親と共に来院される方が多いです。

矯正装置には、取り外しタイプや固定式タイプがありますが、お子様の歯並びの状態によって使い分けます。
装置を着けたときに違和感、圧迫感、人によっては軽い痛みのようなものを感じることがあります。個人差はありますが、ほとんどのお子様が2~3日で慣れてしまいます。
当クリニックでは小さなお子様でも治療に入りやすいように1期治療(乳歯を含む歯並びの治療) と 2期治療(永久歯に交換した後の治療)で分けて行っており、できるだけ1期治療で今の歯並びが改善されるようにつとめています。

  • 矯正治療で永久歯を抜く確率が低くなる。
  • 大人になってから矯正治療を行う必要がなくなる場合がある。
  • アゴの成長をある程度コントロールできるので、
    良い治療結果が得られやすい。
  • 矯正治療中は約1ヶ月おきに通院する必要があるので、
    効率的に虫歯予防ができる。
  • 大人になってから再度矯正治療が必要となる場合でも、
    治療期間が短くなり、良い治療結果が得られやすくなる。
  • お子様が治療に協力的でない場合には良い治療結果が得にくくなる。
  • 治療中は注意深く歯のケアを行わないと虫歯が出来てしまう恐れがある。
  • 治療期間が長くなることが多い。
    (低年齢から治療が始まり、治療期間中に歯の生えかわりや
     アゴの成長の様子を観察する期間が存在するため)
  • 大人になってから再度矯正が必要になることがある。
小児矯正の治療の流れ
  • 矯正治療に関する心配や疑問をお聞きしながら、お子様の歯並びにおけるお悩みをじっくりと伺います。また、お口の中を診査し、矯正治療の大まかな説明、期間の見通し、使用装置、費用などを説明させていただきます。

  • 頭部とアゴのレントゲン撮影を行い、不正咬合の原因を分析します。さらに理想的な横顔ときれいな歯並びにするため、お顔とお口の中の写真撮影、歯型の採得等を行います。
    これらの結果をもとに矯正治療計画を立案します。

  • 精密検査により得られた診断結果に基づいて、
    治療方法や治療期間、治療費等について詳しくご説明をいたします。

  • 治療計画を概ね理解していただけたら、
    治療同意書にサインをしていただき、いよいよ治療開始です。

  • 治療により得られた歯並びが崩れていかないようにする目的で、主に取り外し式の保定装置を装着していただきます。
    装着期間は概ね歯を動かして治療していた期間と同程度です。

小児歯科専門医、小児歯科認定医

小児歯科専門医の資格を取得し、大学病院で小児歯科を専門に診てきました。むし歯の治療だけでなく、お子様の健やかな成長をサポートしていきます。

こどものためのクリニックづくり
定期検診むし歯予防
小児矯正でお口の健康をサポート
充実の設備がいっぱい

小児歯科・矯正歯科

診療時間

土曜日は17:30まで

休診日/木曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問い合わせ0562-48-1817
リソラ大府クリニックモール

ひいらぎやまキッズデンタルクリニック

〒474-0053 愛知県大府市柊山町1-175-1 リソラ大府クリニックモール2F
TEL/FAX:0562-48-1817

ページトップ